web戦略関連ニュース

web戦略を考える際に注目したいニュースといえば検索サイトのアルゴリズムの大幅な変更です。

検索サイトといえばこれまでアルゴリズムについてはそれほど大きく話すことはありませんでしたが、アルゴリズムをよりユーザー側、スマートフォン側にシフトすることが明らかにされています。

そのため、これまでのSEO活動では対応しきれないことが多く、web戦略を大幅に変える企業が増えています。

アルゴリズムでもっとも重要な変更はキーワードとコンテンツの関係です。

キーワードさえ合っていれば検索上位に表示できていたサイトがアルゴリズムの変更後、一気に検索順位を下げてしまったケースが多いです。

アルゴリズムへの対応はコンテンツ側によりシフトした内容だったこともあり、web戦略本来の目的でもあるユーザー目線に回帰したとも考えられます。

web戦略ではコンテンツをいかにユーザーに魅力的にするかが重要視されています。

アルゴリズムの変更でコンテンツの重要性が増していますが、合わせてサイトの滞在時間や遷移するまでの時間などが注目されてきています。

ユーザーがサイトをどの程度見ているのか、目的の情報をすぐに見つけられたかなど、ユーザーフレンドリーになればなるほど検索順位だけではなく、ユーザーの満足度も上がってトータルでサイトの価値が上がるという結果も出ています。

今後はスマートフォン対応も含めたユーザー目線をしっかり意識したサイト作りが重要です。