SNSを活用したweb戦略

商品やサービスをアピールするためのweb戦略にSNSを活用すると、従来のインターネット広告やマスメディアを利用した広告とは全く違った形で展開することが可能になります。

インターネット広告やマスメディア広告では、サーバー利用料や広告料などによって多額の費用が掛かることがデメリットでした。

しかし、SNSを活用すればそういった費用は必要ないため、商品やサービスそのものに資金を投入してグレードを上げることができるのです。

また、SNSの特徴は利用人数の多さに加え、その人数による伝播力の強さと速さです。

ひとたび話題になれば、あっというまにフォロワーからフォロワーへ情報が伝わり、さらにその情報を見た人が個人のブログで記事にしたり掲示板に書き込みを行うことでSNSを利用していない人にまで情報が浸透するのです。

その間、情報の発信者は一番最初に情報の提示を行うだけであとは何もする必要は無く、自動的に情報が広がっていきます。

web戦略として割り切るのであれば、あえて過激な発言をすることで「炎上」させるのも一つの手段です。

炎上が起こるとその情報に関係が無いニュースサイトやまとめサイトなどでも取り上げられるため、爆発的に情報の浸透が図れます。

マイナス面も少なくありませんが、その商品やサービスを知ってもらうという点においてはこれ以上無いほどその目的を達成できます。

web戦略は、SNSをどう利用するかで成否が大きく異なるのです。