web戦略の基本

web戦略の基本はサイトの価値をいかに上げるか、目標値の設定、対象者の選定です。

サイトの価値とは検索サイトでの表示順位であり、ユーザーからの満足度であり、サイトのPVでありとさまざまな視点がありますが、大きく分けるとアクセス数と検索サイトでの表示順位に分けられるようです。

web戦略ではSEO活動をしっかり使って検索サイトの表示順位を上げてきていますが、検索アルゴリズムの変更によってこれまでのキーワード戦略が通用しないケースが増えています。

そこで注目されているのがコンテンツの充実です。

SEOとは真逆に考えられますが、キーワードも含めてサイト本来の姿を思い浮かべられることから歓迎されるケースが多いです。

サイトの価値は検索順位からコンテンツへ変わっています。

また、ユーザーからの満足度についても知識ではなく、ユーザーへの情報提供の仕方が重要になっています。

情報や知識がただあればいいという時代は終わっており、より、分かりやすく、目的の情報にたどり着く時間が短くならなくてはなりません。

そこにはSEOの知識ではなく、ユーザーインタフェースの知識が必要であり、デザイン力が試されています。

サイトの価値はPVとサイトの滞在時間で測ることができるようになっています。

検索サイトからたくさんのPVがやってきても滞在時間が短いならユーザーは満足していないことが多いです。

また、SNSなどからのPVに期待するならコンテンツがしっかりしていることが必要です。